[COVID-19] ファームロジックスは、お客様および私共スタッフの安全と、最高水準の業務効率のため、VPN、ネット会議電子契約等を全面的に採用しています。

ファームロジックスでは、携帯電話端末設計と通信インフラ向け半導体技術 25年間の実績と、先端レベルの技術で、ディジタルシグナルプロセッサ(DSP)から IoT(モノのインターネット)、組込機器のセキュリティ対策まで、組込ソフトウェアを中心に、お客様の技術導入や御社内トレーニングをお手伝いします。

IoT ウェブアプリケーションのデモをまとめてみました

  PolarFire SoC はじめました

Microchip 社から PolarFire SoC Icicle Kit が発売になりました。Linux と RTOS を同時に動作可能な 64ビット RISC-V(625MHz 動作)を 5コア、250k LE の FPGA ファブリックを搭載し、低消費電力が魅力の PolarFire SoC を、詳しく紹介して参ります。大規模な信号処理アプリケーションで活用しそうです。

  電子工作会のプレゼンを公開!

以前、Arduino を使った電子工作会を開催しましたが、その時に作成したプレゼンテーション資料(150ページ)が眠っていましたので、公開させて頂きます。人気の Arduino(アルデュイーノ)マイコンの紹介から、工具と部品の揃えかた、電子回路の基礎、初歩のハンダ付けまで、内容は盛りだくさんです。商利用を除き、原則として御自由にお使いください。(ライセンスは CC BY-NC-SA 4.0 とします。)

こんなお客様をお手伝いします

「うちは組込ソフト設計者がいないので…」、「何から始めたら良いか分からない…」。そんなお客様をお手伝いします。得意技術を持ち寄り、ビジネスパートナーの全てで Win-Win の関係を築いてまいります。

  • 組込設計のラピッド・プロトタイピング(迅速な試作)をいたします。
  • 技術課題に対する最新のソフトウェア技術と解決法を提案いたします。
  • メーカーや特約店に頼れない中小規模のお客様をサポートいたします。
     2021年: 半導体特約店を頼れない時代に

ファームロジックスの 3つの約束

  1. お困りのお客様をお待たせしません
    • ファームロジックスは、お客様の貴重な時間を大切にします。
  2. 全てを御社にお見せします
    • 設計に使用している部品、回路図、ソフトウェア、参考とした外部技術資料を開示いたします。
    • パートナーや協力会社の優れた技術や製品には、最大限の敬意を払います。私共が作り上げたように見せかけることは致しません。
  3. 常に未来志向でお手伝いします
    • お客様のニーズや使用頻度に最適な、世界先端のサービスや製品を紹介いたします。高額で不適切な、あるいは時代遅れの技術は提案いたしません。
    • 何かを決めてしまう前に、お支払いになる前に、まずは御相談ください。デバイスや開発環境の選定でプロジェクトの成否が決まる、と言っても過言でありません。(御相談は無料です)

こんな御相談を承ります

小さな試作や設計支援など、お気軽に御相談ください。(contact@flogics.com

お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせを頂いた後、継続して営業活動をしたり、ニュースレター等をお送りしたりすることはございません。
御返答は 24時間以内(営業時間中)とさせて頂いております。もし返答が届かない場合、何らかの事情でメールが不達となっている可能性がございます。大変お手数ですが、別のメールアドレス等で督促頂けますと幸いです。

最近のブログ

二酸化炭素濃度計を作った

Created a carbon dioxide meter. 久々の半田づけです。今日は、家族の依頼で、ポータブルな二酸化炭素(CO2)濃度計を作ってみました。 後記(9月11日): この二酸化炭素濃度メーターを作り、しばらく評価していてから感じました。 自分の仕事場がきちんと換気できているかどうかが、本当に分かりやすい! 窓を開けていると、仕事場の二酸化炭素濃度は概ね 400〜700 ppm … 続きを読む »

[CircuitPython] pwmio モジュールで音楽してみよう

Playing simple music by "pwmio" of CircuitPython. 前回は、CircuitPython をインストールした SAMD21 マイコンボードに、Mu エディタで接続することで、プログラムを編集したり、REPL で Python  とお話ししたりしてみました。 今回は CircuptPython に備わる pwmio というコアモジュール(ライブラリ)を使… 続きを読む »

開業8周年目を迎えました

Firmlogics started the 8th year since the establishment. ファームロジックスは、9月1日を持って開業 8年目を迎えることができました。 昨年から今年にかけては、COVID-19 感染症の中での、新しい仕事の進め方が定着した一年になりました。ほぼ全てのお打ち合わせがネット会議となり、はんこを必要としない電子署名も活用して参りました。多くのお客様… 続きを読む »

[CircuitPython] Mu エディタをインストールしよう

Installing "Mu" Editor for CircuitPython. 前回の続きです。前回の内容は、小中学生の皆さんがいきなり挑戦するのは難しいと思いますので、御両親か、電子工作に詳しい方にセットアップして貰うのが良いでしょう。 さて。一度 CircuitPython をインストールすると、それ以外には、パソコン(Raspberry Pi でも良いです)と「シリアル通信ソフト」(ター… 続きを読む »

最新の CircuitPython を SparkFun の SAMD21 ボードで動かす

Running the latest CircuitPython (v6.3.0) on SparkFun SAMD21 Mini Breakout. しばらく MicroPython から離れていたのですが、その間も、小さなお子さんが組込系プロセッサ(マイコン)のプログラミングに挑戦するとき、敷居の低いプラットフォームはないか、とずっと考えていました。 MicroPython(マイクロパイソン)… 続きを読む »

[小中学生向け] 子どもの時が一番! タッチタイプを覚えよう

Kids learn touch typing very easily! 小中学校で、パソコンの使い方やプログラミングを勉強するようになったそうですが、ファームロジックスの横山が、お子さんに一番、身につけてほしいことは、キーボードのタッチタイプです。(キーボードを見ないで文字を打つこと。タッチタイピングとも言います。) タッチタイプができれば、パソコンで作文を書くことも、メールを書くことも、Zoo… 続きを読む »

飛蚊症の皆さん(私だ!)はダークモード(テーマ)を試しましょう

Do you have a floater like me?  Let's try 'dark mode (or theme)'! 私事で恐縮ですが、私には飛蚊症があります。おそらく病気ではなくて、先天的なものなのですが。 最近老眼が進んできたせいかも知れないのですが、明るい背景のディスプレイを見ていると、飛蚊症が本当に気になるようになってきました。特に私の場合は、効き目の視野中心近くに飛蚊症があ… 続きを読む »

[小ネタ] pandas の reindex() が期待通りに動かない!?

pandas's reindex method doesn't work as expected!? 今日は小話です。(というか、個人的トラブルシュートの備忘録です。) Python の pandas は、前回の Streamlit ネタでも活用していますが、今まで泥ナワ的に使っており、基本をちゃんと勉強したことがありませんでした。何か困ったときに毎回、Stack Overflow で解決策を探す… 続きを読む »

酸素濃縮器は比較的簡単に自作できるそうです

Oxygen concentrator can be made DIY not so difficultly, but requires some skills and materials. 最近、医療現場で利用される酸素濃縮器が不足しているというニュースを頻繁に聞くようになりました。 OxiKit 以前、インドで COVID-19 が猛威を振るった際、世界中の技術者と科学者が協力して、酸素濃縮器… 続きを読む »

オキシメーターの遠隔常時監視で、医療関係の方の負担を減らしたい(2)

Continuously and remotely monitor pulse-oximeter data. 先日、こんな記事を書かせて頂きました。 オキシメーターの遠隔常時監視で、医療関係の方の負担を減らしたい(1) 私の考えているアプリケーションソフト画面のイメージを共有頂くために、デモを作ってみました。まだ、御覧頂く方に直接デモを操作頂くところまでは出来ていませんが、とりあえずイメージという… 続きを読む »