ファームロジックスは、お客様および私共スタッフの安全と、最高水準の業務効率のため、VPN、ネット会議電子契約等を全面的に採用しています。

ファームロジックスでは、携帯電話端末設計と通信インフラ向け半導体技術 25年間の実績と、先端レベルの技術で、ディジタルシグナルプロセッサ(DSP)から IoT(モノのインターネット)、組込機器のセキュリティ対策まで、組込ソフトウェアを中心に、お客様の技術導入や御社内トレーニングをお手伝いします。

ファームロジックスは、子供の心、遊びの精神を大切にしています。”続き…”

私たちは、しばしば Minecraft というコンピュータゲームを取り上げています。

世界でもっとも成功したコンピュータ OS の一つ Unix(Linux の祖先)は、米国 AT&T 電話会社ベル研究所の研究者が、Space Travel というゲームを自由に遊べる DEC 社製のミニコンピュータ(1970年頃の価格で数万 US ドルしたと言われています)の調達(稟議)に失敗したことから生まれた、というのは有名な話です。真面目な管理職から見たら、とんでもない話でしょう。

彼らの行動がなければ、Unix、また Linux は生まれなかったかも知れません。技術者の優秀な仕事は、思いがけない着想や動機付けから生まれるものと、私たちは信じています。

  • 「愚行を固執すれば賢者となるを得ん」- ウィリアム・ブレイク(北杜夫著作から)

IoT ウェブアプリケーションのデモをまとめてみました

  PolarFire SoC はじめました

Microchip 社から PolarFire SoC Icicle Kit が発売になりました。Linux と RTOS を同時に動作可能な 64ビット RISC-V(625MHz 動作)を 5コア、250k LE の FPGA ファブリックを搭載し、低消費電力が魅力の PolarFire SoC を、詳しく紹介して参ります。大規模な信号処理アプリケーションで活用しそうです。

  電子工作会のプレゼンを公開!

以前、Arduino を使った電子工作会を開催しましたが、その時に作成したプレゼンテーション資料(150ページ)が眠っていましたので、公開させて頂きます。人気の Arduino(アルデュイーノ)マイコンの紹介から、工具と部品の揃えかた、電子回路の基礎、初歩のハンダ付けまで、内容は盛りだくさんです。商利用を除き、原則として御自由にお使いください。(ライセンスは CC BY-NC-SA 4.0 とします。)

こんなお客様をお手伝いします

「うちは組込ソフト設計者がいないので…」、「何から始めたら良いか分からない…」。そんなお客様をお手伝いします。得意技術を持ち寄り、ビジネスパートナーの全てで Win-Win の関係を築いてまいります。

  • 組込設計のラピッド・プロトタイピング(迅速な試作)をいたします。
  • 技術課題に対する最新のソフトウェア技術と解決法を提案いたします。
  • メーカーや特約店に頼れない中小規模のお客様をサポートいたします。
     2021年: 半導体特約店を頼れない時代に

ファームロジックスの 3つの約束

  1. お困りのお客様をお待たせしません
    • ファームロジックスは、お客様の貴重な時間を大切にします。
  2. 全てを御社にお見せします
    • 設計に使用している部品、回路図、ソフトウェア、参考とした外部技術資料を開示いたします。
    • パートナーや協力会社の優れた技術や製品には、最大限の敬意を払います。私共が作り上げたように見せかけることは致しません。
  3. 常に未来志向でお手伝いします
    • お客様のニーズや使用頻度に最適な、世界先端のサービスや製品を紹介いたします。高額で不適切な、あるいは時代遅れの技術は提案いたしません。
    • 何かを決めてしまう前に、お支払いになる前に、まずは御相談ください。デバイスや開発環境の選定でプロジェクトの成否が決まる、と言っても過言でありません。(御相談は無料です)

こんな御相談を承ります

小さな試作や設計支援など、お気軽に御相談ください。(contact@flogics.com

お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせを頂いた後、継続して営業活動をしたり、ニュースレター等をお送りしたりすることはございません。
御返答は 24時間以内(営業時間中)とさせて頂いております。もし返答が届かない場合、何らかの事情でメールが不達となっている可能性がございます。大変お手数ですが、別のメールアドレス等で督促頂けますと幸いです。

このページが更新されたらメール通知を受け取ります

最近のブログ

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第7回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 7). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 7回目です。 お待たせしました!  今回は、マイクラのレッドストーン回路で AND(アンド)回路、OR(オア)回路、NOT(ノット)回路を作ります。今までの準備がとても役に立ちますよ! NOT 回路 最初に、一番簡単な NOT 回路(インバータ… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第6回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 6). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 6回目です。今回は、第4回で取り上げたレッドストーンコンパレーター(以下、コンパレーターと呼びます)の不思議な働きを、解き明かしてみたいと思います。コンパレーターの働きを調べると、コンパレーターでいろいろな組み合わせ論理回路(第4回で説明しまし… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第5回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 5). マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 5回目です。 前回は長い説明になりましたが、なんとか、論理回路の基本を説明しきれました。勉強することがたくさんあって大変だったと思います。読んでくださった皆さん、どうもありがとう! 今回は、前回紹介した「レッドストーンコンパレータ」を使った「実験」を紹介し… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第4回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 4). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 4回目です。お待たせしました。ようやく論理回路の説明に入ります。少しむずかしい話になりますので、しっかりついてきてくださいね! もし、分からないことがあるときは、お父さんやお母さんに相談しても良いでしょう。このページの終わりに問い合わせフォーム… 続きを読む »

ToF マルチゾーン測距センサ VL53L5CX が届いた

The latest ToF multi-zone ranging sensor ST VL53L5CX has arrived. 今年の 9月に STMicroelectronics 社から発表された最新の測距センサが VL53L5CX です。以前から興味を持っていたのですが、数日前にようやくブレークアウトボードを入手しました。 63度の FoV(視野角)で、8 × 8 のマルチゾーン測距ができ… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第3回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 3). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 3回目です。今回は、遠くに信号を伝える方法と、信号が伝わるときの遅延(遅れ)について説明します。 もっと遠くに信号を伝えたい! 前回説明したように、レッドストーンダストによる回路では、16ブロックより遠くに信号を伝えることができません。もっと遠… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第2回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 2). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 2回目です。 レッドストーン信号はどこまで伝わるの? 今回は、レッドストーン回路で信号がどのように伝わるか見てみましょう。まず、次のような回路を作ってみましょう。 レッドストーン信号を伝える基本的なやり方は、平らな面にレッドストーンダストを撒い… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第1回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 1). 先日、有名なパソコンゲーム Minecraft(マインクラフト)上で「8 ビットマイクロコンピュータを動かす」、という素晴らしいプロジェクトを見つけました。 以前から、Minecraft 上でレッドストーン回路という、学研電子ブロックをバーチャルな世界に持ち込んだような仕組があることは知っていましたが、そ… 続きを読む »

3D プリンタの小ネタ 3点

Three small experiments by 3D printer. 今日は時間がとれたので、以前から試してみたかった 3D プリンタの実験と小さな工作をしてみました。 嵌合テストモデル まず最初は、凹凸の嵌合を調べるモデルを作ってみました。こんなのです。3D プリンタで工作をなさる方は、必ず取り組むテーマかと思いますので、詳細は記しません。(汗) 軸の太さは 3.0〜 2.7ミリ、穴のほ… 続きを読む »

二酸化炭素濃度計のケースを作った

先日、Adafruit の PyBadge と Sensirion 社の SCD40 を使って二酸化炭素濃度計を作りました。家族に、ケースがないと格好悪いと言われていたのですが、ようやく 3D プリンタでケースを作ることができました。 CAD データはこちらからダウンロードできるのですが、そのままでは追加の部品を納めることができないので、Fusion 360 と格闘の 5日間でした。 昨日ようやく… 続きを読む »