AI(機械学習)を使って磁気センサ閾値を定量的に決定しよう

以前にリードスイッチで製作した、玄関の施錠状態を監視するシステムを、3軸磁界センサとサポートベクトルマシン(SVM)による機械学習でシステムを再設計しました。これにより、精度の高い施錠・解錠の監視が可能になりました。

IoT ソフトウェア設計のファームロジックス

オープンソースを活用し先進技術で迅速な IoT 組込設計 – ファームロジックスが御社のビジネスをしっかりサポートします ファームロジックスは、組込機器と IoT アプリケーションの設計に注力しています。地域社会に密着した中小企業様に向けて、最先端のデバイスと革新的な設計技術を駆使し、課題を低コストで迅速に解決します。オフィスは神奈川県相模原市にございます。お気軽に御相談ください。(contact@fl&#x6… 続きを読む »

ファームロジックスの御案内

ファームロジックスでは、組込ソフトウェア技術を中心とした試作や設計サポート、技術トレーニングを提供しています。国内最大手通信機器メーカー 6社の半導体技術サポート(11年間)と、通信機器設計(8年間)の実績を元に事業を行っています。これに加え、IoT(モノのインターネット)、組込機器のセキュリティ対策まで、組込ソフトウェア設計を中心に、お客様の技術導入や御社内トレーニングをお手伝いします。 技術対応やお客様対応でお困りの同業者様からのお問い合わせに関しましては、即日の対応も承… 続きを読む »

2014年8月22日 カテゴリー: 未分類