ARM Microprocessor」カテゴリーアーカイブ

続・mbed の環境で Bluetooth LE アプリを書いてみる

How to modify an mbed BLE demo code to my own objective. 今回はもう少しちゃんと、mbed BLE アプリの書き方を説明してみます。と言っても、mbed のサイトに「BLE アプリの書きかた」という説明がある訳でもなく(少なくとも 1ヶ月前はなかった)、さらに C++ 言語のクラス設計の知識が必要になってきますので、やや敷居が高いかも知れませ… 続きを読む »

BLE Nano で、まずは Nordic のサンプルコードを動かしてみる

First, ran a Nordic sample program on the BLE Nano. 番外編なんか書いたりして混乱してきましたが、話を戻します。そう、BLE Nano を購入したけどソフトの開発環境がいろいろあるので悩む、という話でした。 ARM の世界はベンダが多いので事情は複雑です。開発環境を一意に決めようとすると、思いつくだけでも次のような条件の組み合わせ存在します。 コン… 続きを読む »

(番外編)Nordic nRF51-DK の Debug out で BLE Nano をデバッグする

Showing how to debug BLE Nano with the brand-new Nordic nRF51-DK. もう話の順序がメチャメチャなのですが、今日は Red Bear 社の BLE Nano を SWD (Serial Wire Debug) でデバッグするお話です。 実は BLE Nano の開発用に MK20 USB ボードというものが一緒に売られていて、これを使う… 続きを読む »

ARM Cortex-M0 での割込サービスルーチン(ISR)の秘密

We don't need so-called 'interrupt' modifier with an interrupt service routine function definition. そうそう。一つだけ書き忘れてました。 マイクロプロセッサによっては、C 言語の関数定義で割込サービスルーチン(ISR、あるいは割込ハンドラ)を書こうとすると、特殊な宣言が必要なものがあります。例えば … 続きを読む »

BLE Nano のプログラミングにはいろいろやり方がある

Confused about a lot of programming environments of BLE Nano. いままで、Microchip PIC を齧り、Arduino で Atmel AVR を触ってきた私も、mbed の世界は初めての体験です。Arduino は良くできていて、簡単なおもちゃ、試作から、ある程度実用的な設計も気軽にできてしまうので、有名な NXP LPC1768… 続きを読む »

ARM Cortex-M0 の割込

Learning interrupt and exception mechanism of ARM Cortex-M0. 本来ならば BLE Nano の紹介を続けたいところなのですが、実は作業はずっと先を行っていて、しかし割込周りをよく理解しないまま作業を進めてきてしまいました。ようやくその辺りを勉強したので、今日は ARM Cortex-M0 の割込について備忘録を書いてみることにします。 私… 続きを読む »

Bluetooth LE 技術の評価を始める

Evaluating and Implementing a small application with Bluetooth LE technology. 今まで ZigBee を中心に近距離無線技術を使った試作をしていましたが、最近 Bluetooth LE (Smart)  (以下 BLE)の評価も始めました。BLE には、スマートフォンや携帯電話、ノートパソコンとの親和性が高いといったメリッ… 続きを読む »