マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第7回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 7). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 7回目です。 お待たせしました!  今回は、マイクラのレッドストーン回路で AND(アンド)回路、OR(オア)回路、NOT(ノット)回路を作ります。今までの準備がとても役に立ちますよ! NOT 回路 最初に、一番簡単な NOT 回路(インバータ… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第6回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 6). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 6回目です。今回は、第4回で取り上げたレッドストーンコンパレーター(以下、コンパレーターと呼びます)の不思議な働きを、解き明かしてみたいと思います。コンパレーターの働きを調べると、コンパレーターでいろいろな組み合わせ論理回路(第4回で説明しまし… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第5回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 5). マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 5回目です。 前回は長い説明になりましたが、なんとか、論理回路の基本を説明しきれました。勉強することがたくさんあって大変だったと思います。読んでくださった皆さん、どうもありがとう! 今回は、前回紹介した「レッドストーンコンパレータ」を使った「実験」を紹介し… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第4回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 4). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 4回目です。お待たせしました。ようやく論理回路の説明に入ります。少しむずかしい話になりますので、しっかりついてきてくださいね! もし、分からないことがあるときは、お父さんやお母さんに相談しても良いでしょう。このページの終わりに問い合わせフォーム… 続きを読む »

ToF マルチゾーン測距センサ VL53L5CX が届いた

The latest ToF multi-zone ranging sensor ST VL53L5CX has arrived. 今年の 9月に STMicroelectronics 社から発表された最新の測距センサが VL53L5CX です。以前から興味を持っていたのですが、数日前にようやくブレークアウトボードを入手しました。 63度の FoV(視野角)で、8 × 8 のマルチゾーン測距ができ… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第3回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 3). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 3回目です。今回は、遠くに信号を伝える方法と、信号が伝わるときの遅延(遅れ)について説明します。 もっと遠くに信号を伝えたい! 前回説明したように、レッドストーンダストによる回路では、16ブロックより遠くに信号を伝えることができません。もっと遠… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第2回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 2). 前回に続き、マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう、の第 2回目です。 レッドストーン信号はどこまで伝わるの? 今回は、レッドストーン回路で信号がどのように伝わるか見てみましょう。まず、次のような回路を作ってみましょう。 レッドストーン信号を伝える基本的なやり方は、平らな面にレッドストーンダストを撒い… 続きを読む »

マイクラで論理回路(ろんりかいろ)を学ぼう(第1回)

Learning logic circuits by Minecraft (part 1). 先日、有名なパソコンゲーム Minecraft(マインクラフト)上で「8 ビットマイクロコンピュータを動かす」、という素晴らしいプロジェクトを見つけました。 以前から、Minecraft 上でレッドストーン回路という、学研電子ブロックをバーチャルな世界に持ち込んだような仕組があることは知っていましたが、そ… 続きを読む »

3D プリンタの小ネタ 3点

Three small experiments by 3D printer. 今日は時間がとれたので、以前から試してみたかった 3D プリンタの実験と小さな工作をしてみました。 嵌合テストモデル まず最初は、凹凸の嵌合を調べるモデルを作ってみました。こんなのです。3D プリンタで工作をなさる方は、必ず取り組むテーマかと思いますので、詳細は記しません。(汗) 軸の太さは 3.0〜 2.7ミリ、穴のほ… 続きを読む »

二酸化炭素濃度計のケースを作った

先日、Adafruit の PyBadge と Sensirion 社の SCD40 を使って二酸化炭素濃度計を作りました。家族に、ケースがないと格好悪いと言われていたのですが、ようやく 3D プリンタでケースを作ることができました。 CAD データはこちらからダウンロードできるのですが、そのままでは追加の部品を納めることができないので、Fusion 360 と格闘の 5日間でした。 昨日ようやく… 続きを読む »