こんなものを買った: Pogo ピン治具

投稿者: | 2021/08/15

Purchased a pogo pin clamp.

ARM Cortex-M の載ったマイコンボードを買うと、1.27 mm(50 mil)ピッチの SWD 接続用ランドが付いていることがあります。こんなの。

穴が開いているのは良いほうで、穴なしのランドの場合もあります。

こういうのに、どうやってプログラマ(デバッガ)を繋いだら良いかというと、もちろん 50 mil ピッチのヘッダを立てればいいのですが、試作品全てにヘッダを載せるのは無駄なこともあります。

ちなみに、プロ的(?)にはどうするかというと、Tag-Connect(商品名)ケーブルという規格品が売ってます。というか、穴なしのランドに加えて、別途位置合わせ用のホールがあり、それで位置決めしてコンタクトさせるのですね。(穴なしランドは、片面だけランドを出せば良いので、いろいろコスト的に有利。)

しかし、アマチュア的には高価ですし、上記ボードのように、いつも Tag-Connect の位置決め穴が開いているボードに出会うとは限りません。

そんな折、pogo ピンと呼ばれる部品があることを最近知りました。もともとは、生産ラインなどでプログラムを書き込んだり、出荷テストをするためのものですね。(pogo ってなに?  と思ったら、実は商品名だそうで、こんなのだそうです。子供の頃、日本でも流行ってました。)

閑話休題。pogo ピンは SparkFun などでも売ってます。

さらに、pogo ピンをバネ付きクリップに収めた、こんなのがあることが分かり、AliExpress で購入しました。

どうやって使うのかというと、こんな風に使います。

なかなか便利そうですが、今はすぐに活躍できそうなプロジェクトプランがありません。(残念)

今日は、ここまで。

お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせを頂いた後、継続して営業活動をしたり、ニュースレター等をお送りしたりすることはございません。
御返答は 24時間以内(営業時間中)とさせて頂いております。もし返答が届かない場合、何らかの事情でメールが不達となっている可能性がございます。大変お手数ですが、別のメールアドレス等で督促頂けますと幸いです。