ファームロジックスの御案内

ファームロジックスでは、組込ソフトウェア技術を中心とした試作や設計サポート、技術トレーニングを提供しています。

メールアドレス (Email address)

contact@flogics.com(御連絡は電子メールが最速です。PGP(GnuPG)鍵も御利用頂けます)

分野

  • TI C6000 DSP のファームウェア設計(フレームワーク, 信号処理アプリケーションなど)
  • 組込ソフトウェア(IoT, M2M)の試作、最適化、問題分析、技術相談
  • Wi-Fi, ZigBee, Bluetooth LE, USB の応用設計
  • その他組込ソフトウェア、技術トレーニングから、電子工作会
  • 技術文書執筆, 翻訳, IT 書籍索引の制作
  • 学生向け講義, 海外技術者との折衝
  • Raspberry Pi(Linux), Arduino などのドライバソフトウェアの設計
  • 試作に必要なハードウェア設計、プリント基板設計・実装、筐体加工

主要取引先

株式会社アクセントキーテクノロジー、AOL オンライン・ジャパン株式会社、株式会社慧能、合同会社 MSH JP、株式会社沖アドバンストコミュニケーションズ、清里文庫、株式会社光波、株式会社システムアドバンス、株式会社タムラ製作所、株式会社ドキュメントシステム、株式会社マンディ、学校法人明治大学、ロステーカ株式会社、有限会社ワイエスデイ(敬称略、五十音順)

お支払手段

  • PayPal および各種クレジットカード
  • Square
  • 銀行振込(ジャパンネット銀行, 三菱東京 UFJ 銀行)
  • 現金

その他のオプション

代表者

横山 篤史

Atsushi Yokoyama

所在地

神奈川県相模原市

過去の実績・受託案件

2013年まで(独立前)

2014年

  • ZigBee 通信による温度/湿度測定ユニットと Linux サーバーインターフェイス
  • 特殊なセンサーを用いた近接/離反監視システム
  • 小型 Linux コンピュータのための無停電電源バックアップシステム
  • TI C6000 マルチコア DSP による設計コンサルティングおよびトレーニング
  • 明治大学理工学部情報科学科向けの特別講義(3, 4年生向け)
    「先端 4G 携帯電話のための ハイエンドプロセッサの技術動向」
  • 音声用 IP 無線通信機(VoIP)のための音質改善評価

2015年

  • VMware (vSphere) ESXi, NetBSD, VPN ルーターを用いた書籍編集システムの設計支援
  • Bluetooth LE 技術を用いた省電力型センサーユニット
  • 交通機関の不正行為警告システム(試作のみ)
  • 編集者のための索引作成ツール(軽量コマンドラインツール)。大手 IT 出版社向け書籍出版にて活用いただく。(簡単な使い方
  • 明治大学理工学部の実験室をお借りして、大人のための電子工作講座を開催
  • 明治大学理工学部情報科学科向けの特別講義(3, 4年生向け)
    「先端 4G 携帯電話のための ハイエンドプロセッサの技術動向」
  • 古書店向け目録管理および販売管理システムを、MySQL + (FileMaker + Python/Django) のハイブリッドシステム
  • 大手出版社向け IT 書籍の索引制作。3冊入稿。出版済み

2016年

  • MATLAB による無線帯域信号処理シミュレーション受託
  • ハイエンド DSP による信号処理アプリケーションおよびプラットフォーム設計
  • 大手出版社向け IT 書籍の索引制作。7月までに 2冊入稿。出版済み
  • STマイクロエレクトロニクス社プロセッサ向けの組込ソフトウェア試作(シグナルチェーン, 入出力インターフェイスなど)
  • ハイエンド DSP によるマイクロ波レーダー機器の上流シミュレーション、アプリケーション実装、信頼性評価
  • 明治大学理工学部情報科学科向けの特別講義(3, 4年生向け)
  • インフラ向けの TI DSP ソフトウェア設計コンサルティング、客先トレーニング

2017年

  • Microchip PIC を用いた USB - SPI ブリッジ設計
  • Bluetooth LE アプリケーションのポーティング設計
  • Atmel SAMD21 を用いた USB - SPI ブリッジ設計
  • 大手出版社向け IT 書籍の索引制作。4月までに 1冊入稿済み
  • TI TMS320F2806x(Piccolo)向け USB ホストプログラム設計
  • バージョン管理システム Git および GitHub セミナー
  • OpenCV を用いた対象追跡システム設計

開発プラットフォーム

  • TI TMS320C5000, TMS320C6000 DSP(DSP/BIOS, SYS/BIOS, ベアメタル)
    • C6748 LCDK, C6670 , C6678 EVM に豊富な実績あり
  • ARM Cortex-M0, M0+, M4
  • Atmel AVR(Arduino など)
  • Atmel SAMD21
  • STMicroelectronics STM32
  • NXP LPC microcontrollers
  • Nordic nRF51, nRF52
  • Espressif ESP8266
  • Linux(Raspberry Pi など)
  • Microchip PIC マイコン(PIC16, PIC24 など)
  • NetBSD(UNIX)

プログラミング言語

C, Python (NumPy, SciPy), OpenCV, MATLAB (GNU Octave), JavaScript, AWK, シェルスクリプト, 各種アセンブリ言語など

設備

  • 4ch デジタルフォスファ型オシロスコープ(70MHz, 1Gsps)
  • DC 電子負荷装置(60A, 150W)
  • ルビジウム周波数標準(10MHz, 0.05 PPB)
  • 簡易ベクトルネットワークアナライザ
  • 卓上ボール盤

業務環境

以下の環境およびツールに迅速に対応可能です。

  • OS: Linux (Debian, Ubuntu), NetBSD, Windows 7, Mac OS X, Docker
  • ソースコード管理: Git (GitHub), CVS
  • クラウド, リソース共有Amazon AWS, Dropbox
  • コミュニケーション: Amazon Chime, WebEx(ネット会議), SlackTrello
  • グループウェア: TWiki
  • 問題管理: Atlassian JIRA
  • 電子証明書: お客様との迅速な業務遂行のためにドキュメントの電子署名(証明)に対応しております。PDF ファイルによるワークフローで電子署名を御希望の場合は、お知らせください。

メールサーバー、GitHub、Amazon AWS、Dropbox などでは、利用者認証において多要素認証(MFA: multifactor authentication)を用い、お客様情報の保護に細心の留意を払っております

職歴

国内の通信機器メーカーにて、海外向けの携帯電話端末、インターネット電話(VoIP)のソフトウェア設計を 8年ほど担当しました。主な技術分野は、音声符号化実装設計(コーデック)と、信号処理の機能設計および実装設計です。これらを、Texas Instruments 社の DSP(ディジタル信号処理プロセッサ)を使って設計してまいりました。主に、C5000、C6000 と呼ばれる DSP が対象です。その後、家庭用 ADSL ルーターの Linux デバイスドライバ設計も担当しました。(このような機器の音声信号処理部ファームウェアを設計しました。)

その後、米国系半導体メーカーの日本法人にて、携帯電話基地局メーカー様の技術サポートを 11年担当してまいりました。具体的には、製品技術のお客様への紹介、お客様の問題解決支援、米国本社との技術およびスケジュールの折衝をしてきました。技術的には、信号処理の最適化プログラミング、リアルタイム OS の使い方、お客様の問題解決を得意としました。機能分野としては、CPU (DSP の演算処理部)、デバイス内通信および共有メモリ技術、イーサーネットなどの通信インターフェイスが主な担当です。最後に扱った製品は、このようなもの(DSPコア × 8 + ARM Cortex-A15 × 4 + 10GbE etc.)です。

2014年に独立し、現在は電子機器メーカー各社様向けの試作・設計評価や、小規模設計会社様の設計支援・技術トレーニングなどを承っております。

学歴

電子通信工学(BE), 情報科学(ME)

資格

第一級陸上無線技術士, 第三種電気主任技術者, 電気通信主任技術者(伝送交換), 第二種電気工事士, 工事担任者(アナログ第一種/デジタル第一種), 第一種情報処理技術者, 第一級アマチュア無線技士, 米国連邦通信委員会(Federal Communications Commission)アマチュアエクストラ級

アマチュア無線

私が技術屋になったきっかけは、マイコンとアマチュア無線です。後者はもっぱら受信のみですが、JN1SDDAD7YS のコールサインを取得しています。(ARRL 会員)

おまけ

1996年頃、米国フロリダ州タンパ(のこの辺)にて携帯電話端末のフィールド評価をしていた頃の私です。今はもっと老けてます。 🙂

ft_in_tampa

(2017年5月現在)

コメントを残す