[オダサガの名店] 貝塩らーめん@麺ダイニング旬菜

投稿者: | 2019/05/02

Engineers also need to eat.  Good foods are essential to keep motivation for good work!  Introducing ramen noodles today.

私の仕事場はオダサガ(小田急相模原)という街にあります。地元の名店(主にお食事処)を少しずつ紹介していきたいと思います。技術者も食べないとアカン。美味しいものを食べて良い仕事をしていきましょう。(← 前書きが長い)

昨日(5月1日)、珍しく家族が「ラーメン食べよう」と言うので、近所に最近(今年の2月)できた「麺ダイニング 旬菜」さんに伺いました。私自身は開店直後に伺ったので、今回で2回目です。場所は少し分かりづらいですが、後述します。

前回は「真鯛塩SOBA」を頂きましたが、今回は「貝塩らーめん」にしてみました。前回と変わらず丁寧で豪華な盛りつけです。穂先メンマは手作りでしょうか?  ポルチーニ茸、ゆず味噌、赤タマネギがアクセントになっています。スープがしっかり出ており(ただし嫌味がない)、塩味は適切に感じました。モッタイナイので、スープをほとんど残さず頂いてしまいました。実は、前回は熱くて飲むのが大変だったのですが、今回は適温だったと思います。(ところで、メニューにお茶漬けとありますので、大食漢の方はゴハンも注文しスープをかけて食べると良さそうです。)

 

麺はやや茶色がかっており、(全粒粉のように)小麦の味が感じられる良質なものです。切り口がしっかりしているので手打かも知れません。中細ストレート低加水で、上述のスープにとても馴染みます。のんびり食べるより、さっと頂いたほうが伸びも少なく美味しいかも知れません。

店主(男性)は前回同様に始終笑顔で穏やかに振舞い、会話好きそうな感じです。一見すると喫茶店のマスター、あるいはバーテンダーといった風貌で、ラーメン屋の御主人という雰囲気ではありませんが、噂によると都内でラーメン店の経験がある方だそうです。(未確認。今度伺ってみよう。)

さて。オダサガはラーメン屋の栄枯盛衰が激しい街です。美味しくても高価なレストラン、安くてもコスパの良くないお店は素早く淘汰されてしまいます。麺ダイニング旬菜さんには、ぜひこれからも長く頑張って頂きたいと思います!

アクセス

神奈川県相模原市南区。小田急電鉄の小田急相模原駅下車。北口階段(エスカレータ)を降りたらロータリー手前を右手に抜け、線路をすぐ右に見ながら相模大野駅方面に向かいます。180メートルほど進んで最初の踏切(壁に絵のある音楽教室が見えます)を左に折れ、60メートルほど行った(変則的な)四つ角の左手にあります。のぼりが立っているので見つけやすいと思います。(地図)

クルマで行かれる方は、ラクアルオダサガ地下の「小田急相模原駅自動車駐車場」、あるいはイトーヨーカドーの駐車場がお勧めです。有料ですが、いずれもラクアルあるいはヨーカドーで買物をすると割引チケットが貰えます。

営業日

木曜日が休日。営業時間は午前11:30〜午後2:30と、午後6:00〜9:00のようです。(2019年5月時点)