オカメインコの地震パニック防止ライト

We made a prototype earthquake alert to prevent so-called "cockatiel nightmare."

これは、気象会社からの緊急地震速報(高度利用者向け)をインターネット経由で受信し、可能な限り地震が来る前に部屋の照明を点灯し、かつブザーで予測震度を知らせるものです。万が一地震に間に合わなくても、飼主が起きてきて照明を点けるよりは迅速かつ安全であり、非常に有用なものです。

緊急地震速報(指定可能ですが、例えば震度 1)が発令された場合に部屋の照明を点灯し、5分後に消灯することが可能です。

okame_system

お客様の抱える問題

オカメインコという小鳥は非常に神経質で、夜間に地震(震度 1〜2程度)でパニックを起こし、ケージ(鳥かご)じゅうを飛び回り、怪我をしてしまうことがあります。出血がひどい場合は落命する危険もあるので、オカメインコの飼主は夜間の地震に神経質になっています。さらに、オカメインコのブリーダー(繁殖家)の間では、地震が発生するとオカメインコが抱卵をやめてしまうことがあり、経営にも関わる問題です。

ファームロジックスの解法

震度の推定には、当初 x86 プロセッサで動作する NetBSD 上に実装していましたが、省電力化のため、十分に演算性能の得られる Raspberry Pi にポーティングしています。緊急地震速報の電文フォーマットを Python で復号し、以下に公開されている数式、および自宅近辺の地盤増幅度を用いて震度推定しています。

Exif_JPEG_PICTURE
(照明機器制御装置)

設置工事いたします

照明の点灯方法には、最近の照明機器にある赤外線リモコン機能を用いる方法と、壁にあるスイッチに工事を施す方法と、大きく二種類があります。今回の設置現場ではリモコン対応照明機器ではなかったため、電磁開閉器(リレー)を壁スイッチにパラレル接続しています。

コメントを残す