学生さんに TI KeyStone DSP トレーニングをさせて頂きました

投稿者: | 2018/08/29

Had a 1-day training of TI KeyStone high-end DSP for university students in Aichi prefecture.

昨日は、愛知県春日井市にある大学にお伺いし、TI のハイエンド DSP(SoC)KeyStone C6657 の 1日トレーニングをさせて頂きました。

C6657 の概要、内部構成(ペリフェラル)から始まり、C6000 アーキテクチャの概要、最適化プログラミングの基礎、SYS/BIOS(RTOS)によるソフトウェアプロジェクトの作成方法、SPI やタイマ、GPIO 等の使い方、最後にはボード上の NAND フラッシュメモリにプログラムを書き込む方法まで説明させて頂きました。これを、6時間強でこなしましたが、さすがは若くて優秀な学生さん方です。しっかりマスターして頂けました。

トレーニングには工学部の先生(学生さんの担当教授)にも参加頂きましたが、興味深かったのは、GUI を駆使した作業は学生さんのほうが圧倒的に早いのに、DOS 窓(コマンドプロンプト)を開いてコマンドラインの操作になると、先生のほうが小気味よくこなされることでした。学生さんは、DOS 窓を開く経験はあまりないようで、時代の流れを感じました。(年寄の繰り言?)

大学には、駅から先生のマイカーで送迎頂き、大学正門等の写真は撮れませんでしたので、名古屋駅の写真で代えさせて頂きます。

先生、学生さん。短期集中トレーニングおつかれさまでした!